ナイトワークと言えば様々な種類がありますが、中でも現在人気があるのがガールズバーです。 これはショットバーの事ですが、一般的な物と違うのはバーテンダーが女性中心となっているという事でしょう。 ショットバーとは、カウンター越しにバーテンダーがお酒を提供するお店の事です。

ガールズバーはショットバーとキャバクラの丁度間のような存在です。 お酒を提供し話をしつつ、しかし女の子はお客様の隣には座らずにカウンター越しで対応するというシステムのお店です。 そんなガールズバーで、働く理由は何でしょうか。 幾つかのメリットがあるのが理由の一つで、基本的にキャバクラの様にお客様の隣に座る必要がありません。 接客はお店によっても変わりますが、カウンター越しで行う事が多く、お客様とは適度な距離感があります。

もう一つはノルマがないという事です。 ノルマがある場合は、満たす事が出来ないとペナルティを課せられてしまいます。 一般的には給料からその都度減額されてしまうのですが、ガールズバーにはそのシステムはありません。 従って気軽に仕事が出来るといえるでしょう。 時給も他のバイトに比べると高いので、短時間で効率的に働くことができます。 また訪れるお客様は、基本的にはお酒を飲みながらバーテンダーと会話をしたいと思っています。 あまりにも飲みすぎて泥酔している場合は別ですが、普通に飲んで会話をしているだけなので、お客様とのトラブルを心配する必要もありません。

ナイトワークは色々なタイプがありますが、ガールズバーはその中でもかなりソフトな接客の仕事だと言えます。 従って初めて働く人でも、簡単に出来てしまうのでその世界に飛び込みやすいでしょう。 ノルマや指名制度などがないので、ルールに縛られる事なく気軽に働くことができます。 服装に関してはお店によっても違いますが、ヘアスタイルやネイルに関しては厳しい決まりはありません。

ガールズバーで働く理由は人それぞれですが、やはりその一つは気軽に働けるという事です。 お店によってはシステム等が違っていたりするので、まず決める前にお店について良く理解しておくようにしましょう。 また、まだ1回も行ったことがない人は、働く前にまず客としてお店に行ってみるのも良いでしょう。 男性が訪れるお店のようなイメージがあるかもしれませんが、女性客もいるのでまずは自分でお店に行って体験してみるとどういう場所か良く理解する事が出来ます。

あと、キャバクラでしか働いたことのない方にもオススメです。 その理由としてガールズバーにはナイトワークに必要な基礎が詰まっているからです。 キャバクラとガールズバーでは一見同じように思われることが多いですが、実は全く違います。 キャバクラはボーイさんが何でもやってくれる「キャスト」 ガールズバーは自分で何でもやる「従業員」なのです。
この差がキャバクラで働く際に活きてきます。 従業員の気持ちが分かればボーイとの息も合い、気に入られていくのです。 ガールズバー求人が人気の理由が分かってきたと思いますが、自分に合ったお店選びも大切なので、色々なお店を見てじっくり探してみましょう。 ガールズバーで自信が持てるようになったら全てのナイトワークで通用すると思って良いでしょう。